水中ドローンで沖縄の海を探検!

水中ドローンPowerRayを使用して沖縄各地の海ン中を紹介

UE4とArduinoの連携

みなさん、こんにちは!


6月もそろそろ終わりですね。


私の6月の目標というかスローガンは


「水中ドローンを電子工作でつくることだけを考える」


でした。ほぼ達成ですね(笑)


ずっとそのことばっか考えてました。


6月もそろそろ終わりということで、なにかにまとめたいなと思ったので、


マッハ新書を書くことにしました!(^^)!


タイトルは


「水中ドローンを自作する」


です。


シンプルイズベストです(^^♪



まだ、「はじめに」しか書いてなくて、目次も未定部分がありますが、水中ドローンを自作する上で徐々に追加していこうと思います(^^♪


新書・本を書くという行為は、苦しい作業のように感じていたのですが、自分の好きなことについてを書くのでとても気持ちが良いですね(#^^#)


ブログでは、日々の面白かったことやできたことなどを自由に書いているので、


マッハ新書では、どうやったらできるのかなど、読んだ人が本の内容を再現できるような書き方をしていこうと思います!(^^)!


料理で例えると、


ブログの内容が料理の完成品(カレーライス)

マッハ新書の内容がレシピ(材料・手順・作る理由)

という感じです(^^♪


水中ドローンを自作する人が増えると嬉しいですね(#^^#)


ということで、今回もできたことを紹介したいと思います。


じゃじゃん♪


夜中の3時にできました(笑)


なにができたんだよ!!


という声が聞こえてきそうですね。


まず、真ん中のロゴとそのタイトルを見てほしいです。


「UE4Duino」


・UE4
ゲームエンジンのことです。ゲームを作るソフトです。


・Duino
ArduinoのDuinoの部分です。


つまり、UE4というゲームエンジンとArduinoの連携に成功しました(#^^#)


どんなことができるかというと、




こんな感じです♪


今までBlynkでスマホから操作していたのですが、UE4との連携ができることによって、UE4で作った自分のゲームからArduinoを操作したり、逆に、ArduinoからUE4になにかを送ったりができるというわけです!


ワクワクがとまりません!

ということで、7月はこれにハマりそうです(#^^#)


次回をお楽しみに!(^^)!


読んでいただきありがとうございます(#^^#)






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。