水中ドローンで沖縄の海を探検!

水中ドローンPowerRayを使用して沖縄各地の海ン中を紹介

ラズパイで撮影に挑戦!

みなさん、こんにちは!


今日、沖縄では夏の甲子園地方予選の出場申し込みが始まっております。


夏といったら甲子園ですね(^^)/


そこで、甲子園地方予選が始まるまでに、各高校の意気込みをラジオやテレビで放送するのです。


その意気込みの発表でよくこういう言葉を聞きませんか?


「挑戦者の気持ちでがんばります!」

挑戦者の気持ちって正直なに?とふと疑問に思ってしまったので考えてみたいと思います(^^♪


挑戦の意味を調べてみると、


1 戦いや試合をいどむこと。「挑戦に応じる」「世界チャンピオンに挑戦する」「挑戦状」
2 困難な物事や新しい記録などに立ち向かうこと。「世界記録に挑戦する」「エベレスト登頂に挑戦する」


ここでは、2の「困難な物事」に着目します。


困難な物事とはいったいどういうものを指すのか考えてみました。


今回は歴史をヒントに考えてみます。


私が思う困難な物事に立ち向かった時代といえば、大航海時代を思い浮かべます。


正確な海図もなく、大型帆船もないなか、未知の海に乗り出すのはとても危険です。


つまり、この時代に海に乗り出すのは、無事帰還できる保証がなくハイリスクな行為なのです。


では、困難な物事を保証がなくハイリスクなことと決めてみましょう。


そうやって考えてみると、意外と世の中から困難な物事を見つけるのって難しくないですか?


うーん、挑戦したいけど、困難な物事が見当たらないな~って感じてしまいます。


では、世の中から見つけるのではなく、自分事の困難な物事ならどうでしょうか?


意外と簡単に見つかりませんか?


ベンチプレス100㎏あげる、世界一周する、1億かせぐ、、、、etc


どれも、できる保証はありませんがハイリスクとは感じづらいです。


しかし、できるための情報はいくらでもあります。


自分事の困難だと感じる物事は実は全然困難ではないかもしれません。


ってなると、挑戦者の気持ちで頑張るということは、


困難な物事に立ち向かう
     ↓
困難な物事がなぜ困難なのか調べて分析して行動する。

ということかもしれません(^^)/


ということで、今日は、ラズベリーパイで撮影する方法を調べて行動していきたいと思います!(^^)!


いまんところこんな感じ(^^♪

それでは、次回をお楽しみに!(^^)!


読んでいただきありがとうございます(#^^#)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。