水中ドローンで沖縄の海を探検!

水中ドローンPowerRayを使用して沖縄各地の海ン中を紹介

Unity ML-Agents プロジェクトの作成・設定

みなさん、こんにちは!


最近の沖縄は、急に雨降ったりで、外出しづらい天気です。


久々の水中ドローン撮影に行こうにも、雷注意報や波浪注意報が発令されていたりと、なかなか、撮影にいくことができません。泣


ま、そんなときには、Unityの勉強やプログラミングの勉強など自分磨きができるので、問題ありません(笑)


ということで、今回も前回「Unity ML-agents② 開発環境の準備②」の続きということで、実際にUnityでプロジェクトを作成するところのお話をしていきます。


前回と前々回の開発環境の準備の記事をのせておきますね。


今回の内容は大きく4つに分かれます。


①Unityのプロジェクトの作成


②ML-Agentsのインポート


③TensorFlowSharpのインポート


④ビルドセッティング


安心してください、今回もなにも難しいところはありません(^^♪


では、さっそく①番から見ていきましょう!(^^)!


①Unityのプロジェクトの作成

まずは、Unityを起動させてみましょう!(^^)!



赤枠のマークをダブルクリックします。


※Unityのマークが2つありますが、これはバージョンが異なるUnityです。ここでの、詳しい説明は避けますが、1つのパソコンにバージョンの異なるUnityをインストールすることもできます。



「New」(赤枠)をクリックします。


赤下線の「Project name」「Location」「Template」を設定します。


・Project name
 作成するプロジェクトの名前を入力します。ここでは、「Test」と入力しています。


 ・Location
 保存先を指定します。


・Template
 3Dか2Dかの設定をします。ここでは、3Dにしています。


設定が完了したら、「Create project」(赤枠)をクリックしましょう。



上の画像のように表示されていたら大成功です!!


おめでとうございます! Unityの画面にたどり着くことができました!


これから、この画面と長い付き合いになりますので、画面を見やすいように設定しましょう。



赤下線の「Layout」をクリックして、「Default」(赤枠)をクリックします。



すっきりしましたね(^^♪


ここまでで、①番が終了です(^^)/


この画面でいったいなにができるんだろうとワクワクしてきませんか?(笑)


では、さっそく②に進みましょう!


②ML-Agentsのコピー

Unityでは外部から、Unityのプロジェクト内にインポート・コピーすることが多いです。


ここで、インポート・コピーの仕方を見ていきたいと思います。



まず、「ml-agents-masterフォルダ」の「unity-environment」(赤枠)をダブルクリックします。



「Assets」(赤枠)をダブルクリックします。



「ML-Agentsフォルダ」を赤矢印の先にドラッグ&ドロップします。



上の画像のように「ML-Agents」が追加されていたら成功です!!


この方法は今後、Unityを使用していく上で何度も行う作業ですので、覚えておくと便利です!(^^)!


ここまでで、②番は終了です。


今回のお話も後半戦にはいりました!(^^)!


では、さっそく③番に進みましょう!


③TensorFlowSharpのインポート

超簡単です!(^^)!


TensorFlowSharpは「Unity ML-agents① 開発環境の準備」の記事の③番でダウンロードしたものですね。



忘れてる方もいると思いますので、TensorFlowSharpを探してみましょう。



「TFSharpPlugin」で検索します。検索結果で出てきたものを右クリックして、「ファイルの場所を開く」をクリックします。


ここで、TFSharpPluginの場所を覚えておきましょう。


Unityの画面に戻ります。



メニューバーの「Assets」(赤下線)をクリック、


「Import Package」(赤下線)をクリック、


「Custom Package...」(赤枠)をクリックする。



先ほど、確認したフォルダに移動し、「TFSharpPlugin」(赤枠)をクリックし、


「開く」(赤下線)をクリックします。


そして、「import」をクリックしてください


importが完了したら、③番は終了です!


お疲れ様でした!(^^)!


※すでにimportされているため、画像が用意できませんできた、申し訳ございません。


②、③番のインポート・コピーの仕方は活用する場面が多いように感じます。③番のようにインポートできない場合は②番の方法でうまくいく場合があります。


次で最後です!


最後はビルドセッティングです!


では、さっそく見てみましょう!(^^)!


④ビルドセッティング

ビルド設定を行います。



まず、メニューバーの「File」をクリックし、


「Build Settings...」(赤枠)をクリックします。



Build Settingsの画面が出てきました。


この画面の「Player Settings...」をクリックします。



すると、Unityの画面の右側が上の画像のように表示されます。


まず、「Resolution and Presentation」をクリックします。


「Run In Background」 にチェックし、


「Display Resolution Dialog」を「Disabled」に変更します。



次に、「Other Settings」(黄下線)をクリックします。


「scripting Runtime Version」(赤下線)を「.NET 4.x Equivalent」(赤下線)に変更します。


この時、Unityの再起動の指示がありますので、指示通り再起動します。


再起動後、「scripting Define Symbols」に「ENABLE_TENSORFLOW」(緑下線)と入力します。


これで④番は終了です!


ほんとにお疲れ様です!!


これで、プロジェクトの作成と設定が終わりました!(^^)!


今回は、Unityの設定のみで、Unityの画面に変化が乏しくつまらなかったかもしれません。


ですが、次回は実際にサンプルを扱ってみます!(^^)!


たぶん、楽しいです(^^♪


では、次回をお楽しみに!(^^)!


ここまで、読んでいただきありがとうございます(#^^#)













×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。